リフレッシュの森日誌ブログ

温泉施設のご紹介〜①おふろcafé 白寿の湯編

リフレッシュの森では、12:00の昼食の後〜16:30の講座開始まで自由時間となり、3つの近隣温泉施設に行くことができます。

①おふろcafé 白寿の湯

②かんなの湯

③冬桜の宿

 

本日はその中から①おふろcafé 白寿の湯をご紹介致します。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2018-06-25-14-12-36

お湯は赤褐色のしょっぱい、天然温泉の1種類のみですが、泉質が良いと評判で、保湿効果と殺菌効果があるそうです。

露天風呂と内風呂に分かれており、ぬるめの露天風呂に長く入り、最後に熱めの内風呂で温まって出る。

というのが常連の方々の入り方のようです(^_^)

そして女性限定ではありますが、糀入りの泥パックがあり、何度でも自由に使えるのが嬉しいサービスですね。

ただし、お風呂上がりのアメニティは、ドライヤー、ティッシュ、綿棒しかないのでご注意ください。

 

そしてお風呂を出ると、何ともオシャレなくつろぎ処が!

%e5%86%99%e7%9c%9f-2018-06-11-15-41-28

約1万冊以上あるコミック・雑誌を、樽ソファやハンモック、半個室のベッドシェルフで読むことができます。

 

さらに無料で自由に使えるマッサージチェアまで!

%e5%86%99%e7%9c%9f-2018-06-11-15-41-11

ただしここは人気のエリア。

手前のリクライニングチェアで大人しく順番を待つしかないようです…。

 

朝からの講座で疲れて、ただただ寝たい!という方には、畳のうたたね処も。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2018-06-11-15-40-34

もっとお疲れの方には、マッサージやエステなどのメニューもあります(※詳しくはこちら

いずれにせよ、バスのお迎えまで充実した時間にできそうですね。

 

ただしリフレッシュの森の滞在者にとってはキツいところがひとつ!

それは…

%e5%86%99%e7%9c%9f-2018-06-11-14-30-13 %e5%86%99%e7%9c%9f-2018-06-11-14-32-23

入口からすぐのお土産スペースと食堂を通らないと、温泉に辿り着けないというところ…。

美味しそうなものばかりですので、薄目で通り過ぎてくださいm(_ _)m

 

でも無料のレモン水は湯上りに染み渡るので、いただきたいところ…。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2018-06-11-14-33-26

 

食堂はムリですが、お土産スペースにある食品は、身体にいいものが多く取り揃えられていますし、他にも手ぬぐいなどかわいらしいグッズもあります。

こちらでお土産を購入されるのもオススメです(その場はツライですが…)。

 

〜keywords〜

温泉、白寿の湯、断食、酵素断食、ファスティング、断食道場、ダイエット、減量、運動、デトックス、トレーニング、体質改善、生活習慣改善、リフレッシュ、ストレス解消、マクロビオティック、ベジタリアン、ビーガン

 

その他 [2018.06.30]
WEBから簡単お申し込み ご予約・お申し込み インターネット・お電話でお申し込みください
え!一泊10,000円!? ご利用料金一覧はこちら 気になる料金をご確認いただけます。