リフレッシュの森日誌ブログ

酵素断食でダイエット効果大!正しい方法を紹介します

酵素断食は、酵素ジュースで必要なエネルギーを取り入れながら行うため、水断食より楽な断食方法です。
甘酸っぱくて美味しい酵素ジュースが流行っていますが、
「市販の酵素ジュースではNG」
「塩分を摂ることも重要」
って知っていましたか?
ダイエットだけじゃない酵素断食の効果や、痩せるための正しいやり方、好転反応などの注意点を解説します。

 

■酵素断食の効果

まずは具体的に、酵素断食にはどのような効果があるのかを見ていきましょう。

ダイエットイメージ

ダイエット
断食中は基本的に酵素ドリンクと、塩分補給のための飲み物しか摂らないため、体重は落ちやすくなります。さらに酵素の働きによって消化が促され、基礎代謝も上がるため、太りにくい体質へと改善していくことができるのです。リフレッシュの森では1~2泊の酵素断食コースで体重は平均1~2kgほど減少する傾向が。長期滞在の場合だと、1週間で3~5kgほど、1ヶ月で10kgほど体重が落ちる傾向があります。
内臓機能UP
断食は数日間、固形物を摂らないため、胃腸を休ませることができ、本来の消化機能を取り戻す効果があると言われています。また酵素ドリンクの働きによって消化酵素も補われるため、内蔵の疲労回復と同時に、消化力や吸収力を高めることができるのです。
宿便解消
断食で腸を休ませることによって代謝や排泄力が高まり、便秘が解消されたり、腸内に溜まっていた宿便が排泄されやすくなったります。普段あまり水分を摂っていなかった方は、断食中はトイレに行く回数や量が増えるかもしれません。酵素ドリンクの効果によって腸内環境が整えられるため、溜め込んでいた水毒も排泄され、体をすっきりとキレイに浄化することができるでしょう。
血液浄化
断食によって腸内がデトックスされることにより、血液も浄化されていきます。体に溜まっていた不要なものが出ていくことで、体内機能が活発になり、血液の流れも良くなるのです。
細胞の若返り
断食のデトックス効果で血液の流れが良くなると、摂取した栄養や酵素が、体の隅々の細胞まで運ばれやすくなります。新陳代謝が活発になり、細胞が若返り、体全体が元気になっていくのです。肌ツヤも良くなり、美容効果も期待できるでしょう。
自然治癒力UP
酵素断食によって体全体の代謝が良くなると、本来持っている健康状態が回復され、免疫力も高まっていきます。また、酵素の作用で溜まっていた老廃物が分解されるため、肩こりや腰痛などの痛みを改善することも期待できるのです。

Fotolia_100616533_XS

■痩せないのには理由があった!正しい酵素断食のやり方

正しく、効果的に酵素断食を行うためには『減食期間→本断食期間→回復食期間』という3つの期間をきちんと取ることが大切です。リフレッシュの森で行われている酵素断食コースを参考に、正しい酵素断食の方法を見ていきましょう。

減食期間
断食開始の1週間ほど前から、食べる量は腹8分目くらいに。消化に負担がかかる動物性の食事は控えるようにしましょう。スタートの前日は食事量を半分にし、体を慣らします。
本断食期間
朝は体温が低いので、体を暖める効果のある梅醤番茶(梅肉・生姜おろし・醤油入りの番茶)を飲みます。血液浄化、利尿促進、疲労回復、心臓や内臓の働きを活性化する効果もあるお茶です。また、体に必要な塩分補給にもなります。人間は1日に15グラムは塩分を排出するため、断食中も塩分を摂ることが非常に重要。塩分不足は体内バランスを崩し、頭痛などの不調に繋がる原因にもなるため、気をつけましょう。
昼以降は体温が上がるので、酵素ジュースを摂取します。体内に必要なエネルギーを取り入れ、代謝も上げてくれるため、水断食のように体を衰弱させることなく、ダイエット効果を促すことができるのです。ただし市販の酵素ジュースは、あまりおすすめできません。酵素ジュースを摂る目的は、体の酵素を手助けし、代謝をUPすることにあります。そのためには、酵素が生きている必要があるのです。市販製品は火を加えないと販売できないため、酵素が死んでいるものが多く、あまり効果的ではないのが実情です。
回復食期間
まずはおかゆなどから始め、徐々に玄米などの固形物を摂っていきます。おかずは菜食中心のシンプルなものを、少しずつ摂取していきましょう。よく噛み、少食を心掛けます。急に食べる量を増やすと、胃腸に大きな負担がかかってしまうので注意してください。合成着色料、防腐剤、人工的に味付けされた食品は避け、酸性食品(動物性食品[肉・魚・卵・牛乳]や砂糖、甘い菓子など)も血液を汚すので控えましょう。

Fotolia_36082767_XS

【ダイエットに適した時期】

女性には、ダイエットに適した時期があります。それは生理後から1週間〜10日程たった時期。エストロゲンというホルモンが多く分泌され、内臓脂肪が減りやすく、痩せやすい体質になるのです。ホルモンの影響で精神的にも安定しているので、断食の効果も出やすくなります。
一方、生理前の体は水分を溜めやすく、太りやすくなり、精神的にも不安定になりがちなので、この時期の断食は避けるようにしましょう。

【体重はすぐに戻ってしまう?脂肪を減らすには何日必要?】

断食を始めると、最初に水分から減っていきます。それが出きった後に脂肪が減っていくため、ダイエットにおすすめなのは3日以上の断食です。断食48時間以降は排泄モードになるので、3日以上の断食をすると、脂肪燃焼する人が多くなります。5日間、1週間でも良いでしょう。脂肪が減り始めるのと同時に、筋肉や骨も多少は落ちますが、回復食を丁寧にやれば、筋肉骨を作るのにエネルギーを使うため、体脂肪を減らしやすくなります。また3日以上の断食には、体重を減らすだけでなく、体質そのものを改善する効果も。味の好みもシンプルになり、断食後も太りにくい体になるでしょう。
でも3日も食べないのはキツイのでは…と思われるかもしれませんが、大丈夫です。リフレッシュの森の酵素断食コースでは、栄養たっぷりの酵素ジュースを使うため、お腹に溜まり満腹感を得ることができます。もしキツイと感じることがあっても、施設でなら同じ目的を持つ仲間がいるので、モチベーションを保ちやすいでしょう。専門のスタッフに相談することもできるので、安心して取り組めます。

【筋肉やバストの減少は?】

断食によって脂肪だけでなく、筋肉も落ちてしまうのでは…と気にされる方もいますが、長期の断食でなければ筋肉が落ちる量はゆるやかです。長期間たんぱく質を摂らずにいたり、ゴロゴロと過ごしたりしていると、筋肉は落ちやすくなってしまいます。断食中もヨガやストレッチ、軽めの筋トレなど、適度な運動を取り入れることが大切です。また女性だとバストが落ちるのも心配ですよね。でもご安心を。10kg落とす等ハードに体重減少しない限りは、断食中に多少落ちたように感じても、回復食の期間で元のサイズに戻せます。断食中に胸の筋肉を鍛えれば、バスト対策にもなるのでおすすめです。必要な筋肉やバストまで落ちてしまわないよう、急激に体重を落とすような、無理な断食は行わないようにしましょう。

Fotolia_69476143_XS

【他の飲料はとってもOK?】

リフレッシュの森では、水や三年番茶を提供しています。お腹がすいてしまったと感じたらこれらの飲み物を飲むことで落ち着くことができます。食事は基本的に、朝は梅醤番茶、昼と夜はコップ1杯の酵素ジュースですが、どうしてもふらふらしてしまうという場合には、スタッフへ申し出れば対応してもらえるので安心してください。
また、酵素ジュースの甘みを気にして、糖質の吸収を抑えるサプリメントを飲んだ方が良いと考える方がいますが、その必要はありません。酵素ジュースの糖分は悪い糖分ではなく、エネルギーになりやすい果糖成分でできているからです。白砂糖は体を冷やし循環を悪くしますが、発酵すると果糖に変化し、白砂糖の悪い効果はなくなります。悪い糖分は体に脂肪としてつきやすいのですが、酵素ジュースの糖分は体に必要なエネルギー源として吸収され、いい効果をもたらしてくれるので、安心して摂取してください。サプリメントは、それ自体が添加物であり、毒素を入れてしまうことになるので、断食期間中は摂らない方がいいでしょう。普段の食事では、砂糖は黒糖、メープルなどがおすすめです。

【美味しい酵素ジュース】

リフレッシュの森の酵素断食で使う酵素ジュースは、材料である野草を採るところから、野草を処理し、樽に漬けるまで、一連の流れを希望する方みんなで作っています。手作りのため、生きた酵素をたっぷり摂取することができるのです。
味や匂いは使う材料によって異なります。主な素材は野草、フルーツ、野菜などです。白砂糖と一緒に漬け込み、発酵させていくので、酵素ジュースにはそれぞれの甘さ、香りが反映されます。
ネット等で買える市販の酵素ジュースは、前述のとおり加熱によって酵素が死んでしまっているものが多く、あまりおすすめできません。断食に慣れたリピーターさんの中には、作り方を覚えて自宅で作っているという方もいます。

【復食の仕方と回復食メニュー】

回復食の具体的なステップがこちらです。
短い断食であれば、回復食は7分がゆから始めます。長期の断食を行った後の場合は、1分がゆから始め、徐々に通常のおかゆにしていきましょう。そこから固形玄米になり、最後に菜食を中心としたおかずをプラスします。
もし、米アレルギーをお持ちの場合は、長期の断食でなければ、消化のいい豆腐に変えたり、そばやうどんを柔らかく煮たりして対応します。

Fotolia_99583748_XS

■酵素断食の注意点!好転反応と体調不良の違い

断食中に、だるさや気持ち悪さが出ることはよくあることです。それがデトックス効果による好転反応なのか、体調不良によるものなのかを見極めるのは難しいところ。中には、本当に吐き気で戻してしまう方もいます。体調が優れないときは、1日様子を見てみましょう。次の日良くなってくれば、それは好転反応です。もし何日も続く場合は、体調不良と判断し、断食を中断した方が良いでしょう。リフレッシュの森では、毎朝、体調報告書を提出していただき、安全に断食を進められるようチェックしています。ひとり自宅で行うことは、体調を崩した際に不安になったり、ストレスが大きくなったりと難点があります。専門スタッフに相談しながら行える施設で行うようにしましょう。
女性は過度なダイエットをすると不正出血が起こると言われますが、断食の場合は適切な方法で行っている限り基本的に起こりません。実際リフレッシュの森では、これまで不正出血が起こった例はありません。ご自宅で断食したら不正出血が起きたという方は、不適切な栄養摂取方法でエネルギーが不足していたか、断食とは別の理由で発生した可能性があります。

薬の服用中でも、空腹時に飲める薬の場合は、様子を見ながら酵素断食を行うことは可能です。
食前・食後に飲む薬を取っている人は、酵素断食コースではなく食事をする半断食コースや、リフレッシュコースを受けてください。
妊娠中や術後の回復期間中という方は、基本的には半断食程度で体にいい食事を摂るようにし、本格的な酵素断食を始めるのは、ある程度体力が回復してからにしましょう。1~2日程度の断食なら体調を整える意味では問題ないと思いますが、半断食でも十分体調を整えられます。

Fotolia_96345049_XS

 

様々な効果をもたらしてくれる酵素断食。3日以上行うことで脂肪を燃焼しやすく、太りにくい体質に改善することも可能です。ただし市販の酵素ジュースを使って自己流で行っては、なかなか効果は上がりません。手作りの酵素ジュースを提供してくれる専門施設にて、正しい方法で行うことが、効果的な酵素断食には必要です。食生活や生活習慣も見直され、帰宅後も体型をキープしやすくなるでしょう。最近、体の疲れや滞りを感じている方は、リフレッシュの森の酵素断食コースで体質改善をしませんか。

入会費12000円、1泊10000円
→お申し込みはこちら
→ご質問はこちらからどうぞ
電話番号 0274-52-6888

断食方法 [2016.03.31]

何キロ痩せる?断食1週間のダイエット効果と方法

1週間で痩せたいなら、断食が効果的。
しかし、食事制限にはリスクも伴います。
正しい方法で最大のダイエット効果を得ましょう!
ダイエット

■断食1週間で何キロ痩せられる?ダイエット効果のほどは

短期間で効率的にダイエットしたいという方には、断食はとても効果的です。リフレッシュの森の酵素断食コース(酵素ジュース・梅醤番茶のみ摂取)の集計では、1週間で約3kg〜5kg痩せられるという結果が出ました。もっと痩せたいという話もよく聞きますが、短期間で多く痩せてしまうのはあまりおすすめできません。自宅で水やジュースだけ飲んで過ごすという無茶なやり方だったり、無理してリバウンドしてしまったりと、健康を害してしまう可能性があるからです。健康面に悪影響を与えないか、ダイエット方法を選ぶにはそこに注意が必要です。それでは、定番の運動系ダイエットや流行りの単品食べダイエットではどれくらいの効果があるのか見てみましょう。

・ヨーグルトダイエット・・・3週間で約−7kg
・有酸素運動ダイエット・・・2ヶ月で約−4kg
・糖質制限ダイエット・・・1ヶ月で約−4.7kg
・半身浴ダイエット・・・1ヶ月で約−3kg

個人差はありますが、これらのダイエット法だと、効果が出るまでに3週間〜2ヶ月はかかるようです。特に運動系は、毎日継続して緩やかに効果が出るものなので、短期間で痩せたい方には不向きかもしれませんね。

【断食の効果と体内で起きている変化とは】

強い空腹感を感じ始める
断食を始めると、最初は血糖値が下がるため、強い空腹感が起こります。辛いと感じることも多いのですが、2日ほどで、体内にある脂肪をエネルギーに分解し、それを体に補充し始めることで血糖値が安定するので、急激な空腹感はさほど感じなくなります。

エンドルフィンが増え幸福感を感じる
断食が始まると、最初にグルコース(ブドウ糖)が減少していきます。グルコースが不足してくると、それらを生成・供給し始めようと、グリコーゲンの分解が始まります。次に脂肪組織が分解され始め、ケトン体がつくられます。ケトン体は脳でエネルギー源として利用されていて、このケトン体をエネルギー源とした脳が、エンドルフィンという物質の量を増やします。このエンドルフィンは快感物質と言われています。断食によって幸福感や清々しいスッキリとした気持ちが得られるのは、このエンドルフィンによる作用のためです。酵素ジュースの場合はグルコースを摂取していますので、この流れは緩やかです。これに適度な運動を組み合わせることで、より効果を得ることができます。断食中に運動なんて…と思う方もいるかもしれませんが、適度な運動が血行促進やストレス発散につながり、心も体も充実した時間を送ることができます。
リフレッシュの森では運動として朝にヨガを行っており、それ以外にもさまざまな講座をご用意しております。朝食後、夕方、夕食後の運動は任意ですので、ご自身の体調などを見ながら楽しんで参加してくださいね。

宿便が出て便秘解消
腸を休ませることで腸内環境が改善し便秘解消につながります。溜まっていた宿便も排便されてスッキリでき、胃と腸に十分な休息を与えることで体の中がリセットされます。

女性のお腹

代謝が上がる
体内では酵素の8割が消化に使われ、代謝には2割程度しか使われていないと言われています。新陳代謝がしっかりと行われないと、免疫力も低下し、さまざまな不調を引き起します。断食中は使われる消化酵素が減るので、代謝酵素が増え、新陳代謝が活発に行われます。代謝が上がることによって体内に溜まった老廃物や毒物をデトックスできるのです。

リンパの流れが良くなる
断食をすると、血中の中性脂肪が減ります。エネルギーの元となる栄養素を食べ物から摂取していないので、中性脂肪をエネルギーとして利用するからです。中性脂肪が減ると悪玉コレステロールが減り、血液がサラサラになります。リンパの流れが良くなるので、リンパに溜まった老廃物をしっかりと流し、むくみの解消にもつながります。

■1週間断食の正しいやり方

自宅でも断食は可能ですが、間違ったやり方で思うような効果が出なかったり、健康被害が生じたりする場合も。さらに断食後の復食の過程はとても大切なポイントとなってきます。急な食欲を自分だけの意思で抑えるのは非常に難しいため、3日以上の断食は施設で受けるようにしましょう。施設では誘惑がなく、他の頑張っている方を見ることも良い刺激になります。

リフレッシュの森の酵素断食コースでは、『減食期間(準備期)→本断食(断食期)→回復食期(回復期)』の3つの期間で構成されています。一般的なやり方としては、断食期を真ん中に2日~3日で設定し、その前に準備期を1〜2日、後ろに回復期を2日~3日で設定します。準備期は減食(おかゆ)にして、断食に向けて体を慣らしていきます。断食期には酵素ジュースを、回復期には内臓に負担をかけないように半粥や梅干しといったものから摂り始めます。リフレッシュの森では、初日に面談で各々の希望を聞き、体質や体調を考慮しながら、その人に合った断食スケジュールを組みます。誰でも無理なく安全な断食が行えるので安心です。

■効果の本質は、体と感覚のリセット&規則正しい生活!

断食はダイエットに効果的なことはもちろんですが、本質は体のリセットと生活改善にあります。体にとって消化吸収という作業は、大きなエネルギーを使います。大きなエネルギーを使って疲れている消化器系に休養を与えることによって、体の全器官も休むことができ、本来の動きを取り戻すのです。断食は心にも体にも爽快感を与えてくれます。毒物や老廃物を排出すると、たくさん食べなくとも、体が健やかでいられることに気がつくと思います。また、規則正しい生活は、代謝を促進しストレス解消にもつながります。早起きと適度な運動は体を目覚めさせ、エネルギー消費の開始を早めてくれるのです。

体がリセットされ、感覚が研ぎ澄まれた感覚を、ぜひ味わってください。健やかな体と心の安定を実感できることでしょう。

断食方法 [2016.03.07]

長期断食で身体はどうなる?経過と効果を紹介します

短期の断食を経験したのち、長期の断食もやってみたいと考える方は多いと思います。とはいえ、普段とは異なる生活になるので、身体にどのような変化が起きるのか、自分にもできるのか、など不安に思うこともあるでしょう。そこで、今回は長期断食で起こる身体変化や効果、注意点などを解説していきます。

■短期断食と長期断食の違い

【スケジュール】

長期断食 中期断食 短期断食 プチ断食(家でもできる)
減食から回復食までの日数 10日~ 7日~9日 3日~6日 1日~2日

短期の断食は、「ファスティング」または「プチ断食」とも呼ばれ、朝食だけを抜く半日断食や、1日1食にして食事間隔を24時間あける1日断食などがあります。
いずれも断食期間は18時間〜24時間程度です。自宅などで気軽に行えるという利点があげられます。

一方、長期の断食は【減食→断食→回復食】という流れで、ある程度日数をかけて行うのが一般的。

リフレッシュの森では、初日は減食(おかゆ)にして、断食へ向けて身体を慣らします。残りの期間は、基本的に(※)断食期間と回復食期間を半分ずつ(例:断食期間10日間、回復食期間10日間)設定し、断食期間は酵素ジュースを、回復食期間には内蔵に負担をかけないよう半粥や梅干しといったものから摂りはじめます。

※長期の場合の断食日数について

例えば1か月なら、単純に考えると断食2週間、回復食2週間になりますが、一般的には断食7~10日間、回復食3週間です。断食期間を2週間にする人もいますが、割合的にはごくわずか。リフレッシュの森では、体調票への記載(普段の食生活、普段の体調[肩こり、冷え性など]、来た目的と希望)をもとに、そのときの体調・気力・目標体重の3要素から、あなたに合った日数を決定していきます。初日に一人一人面談で、このスケジュールを決定するので、安心してスタートできるでしょう。

【体重の変化】

短期に比べて、長期の断食に取り組んだ人の方が、デトックス効果が高くなります。

長期の断食により体内に溜まっていた添加物や身体の老廃物が排泄され、体調が変化するためです。

日数が長いほど体重も減少し、デトックス効果を実感しやすくなる傾向があります。

【利用者の割合】

リフレッシュの森の利用者全体の中では、短期(1週間未満)に取り組む方が約6割。

中期(約1週間)に取り組む方と、長期(10日~2か月程度)に取り組む方が、約2割ずついます。

グラフ

【初めての断食でいきなり長期というのも可能】

一般的な経過
1日目(減食)
普段と比べてやや空腹感はあるものの、気にならないレベル。
体調的にも精神的にも普段とそれほど変化はありません。

2日目〜3日目(酵素ジュースのみの断食期間開始)
内蔵が休まされ、身体が徐々に軽くなってきます。
人によっては、この頃に好転反応(皮膚炎・頭痛・発汗・眠気など)が出る場合も。これは、体内に溜まっていた老廃物や毒素が排出されるためです。
断食中や断食後に好転反応が出るかどうかは、断食する前の食生活に影響されるため、個人差があります。
食生活が悪ければ好転反応の症状は重く、逆に食生活が良ければ症状は軽くなるのです。
断食中に好転反応が出る場合:2日間ほど吐き気がすることがあります。
断食中または断食後に好転反応が出る場合:立ちくらみ、めまい、熱、体温下がる、湿疹(長いと1~2週間程度)など。

4日目〜7日目(酵素ジュースのみの断食期間)
腸内に溜まっていた宿便が排泄され、便通が良くなり、便秘が解消。内臓機能がリセットされるのを感じます。
身体が軽やかになり、精神的にもスッキリとした気分に。日を追うごとに体重も減少していきます。個人差はありますが、2日で1kg程度です。
短期の断食では身体のだるさや立ちくらみ、めまいを感じるという方でも、長期の断食では身体が軽くなり、体調が徐々に安定してくる傾向があります。
必要な栄養を補いながら行うのでそれほど空腹感はなく、お腹がなるということもほぼありません。
また、脳の働きが高まり、集中力や記憶力も高まってきます。
頭がスッキリすることで、聴覚、嗅覚といった五感も研ぎ澄まされてくるのです。

7日目〜10日目(回復食期間)
梅粥
消化のしやすいお粥から口にし、その後は低カロリーな食事を徐々に摂っていきます。味覚が敏感になっているため、シンプルな少しの食事でも満足感を味わえるように。この回復食の期間が、長期断食の成功の鍵を握っているともいえます。ここで食べ過ぎてしまうと、せっかくのデトックス効果も、ダイエット効果も台無しになるからです。
専門施設では、野菜を中心とした玄米菜食を提供してもらえるので、安心して身体を慣らしていけるでしょう。
断食をとおして食への欲求が落ち着き、小食になるため、安定した精神状態を保ちながら、断食で痩せた体型をキープしやすくなります。
また、睡眠の質が良くなり、朝スッキリ目覚めやすくなったという方も。内臓がきれいになるため、ニキビなどの肌荒れが良くなり、美肌効果を実感する方もいるでしょう。
体調が改善されることで、精神的に前向きになったという心の変化を感じる方もいるのです。

【失敗するとこうなります】

長期断食を正しい方法で行わないと、身体がデトックスされて生じる好転反応とは異なる、以下の様な症状が出ることがあります。

  • 筋肉の減少(骨・血・髪など);栄養が不足することによって細胞の組織が壊れるカタボリックの症状
  • 代謝が落ち、リバウンドしやすくなる
  • 体力が低下し、息切れしやすくなる
  • 集中力が低下する
  • 生活のあらゆる面で活動意欲が低くなる
  • 思考力や記憶力が低下し、言葉が出にくくなる
  • 目が疲れやすく視界が霞む

これらはすべて、誤った方法での断食を行った場合に生じる症状です。固形物をとらない断食中は、糖質制限を行っている状態でもあります。水しか口にしないなど、必要な栄養をとらずにいると、過度の糖質制限によって脳の機能が低下したり、気力や体力が著しく低下してしまったりするのです。場合によっては栄養失調になり、病院で入院しなければならなくなる危険性もあるため、長期断食は専門家のもと、正しく安全に行ってください。

【正しくできるとこうなります】

女性のお腹

  • 腸の消化機能が活性化され、便秘が解消される
  • 腸内に溜まっていた宿便が排泄され身体の中からスッキリする
  • 味覚・聴覚・嗅覚といった五感が研ぎ澄まされる
  • 精神的に安定し、うつ改善につながる
  • 血液が浄化され、肌に艶が出る
  • 睡眠の質が良くなり、朝スッキリ目覚めることができる

#

■長期断食の効果

#

・ダイエット
断食しはじめは体内の水分量が減るため、1日1kgくらいを目安に体重も減るといわれていますが、もともとの体重や、体質により個人差があります。平均的に、10日間の断食で5kg〜8kgほどの減量が目安です。
・免疫力UP
腸を休ませることで栄養を吸収しやすくなり、全身に必要な栄養素が行き届きやすくなります。身体が本来持っていた健康状態が回復され、免疫力を高める効果も期待できます。溜まっていた老廃物が分解されることで、持病として持っている肩こりや腰痛、幼い頃に怪我をして痛む場所などの痛みが軽減されたりもします。
・宿便解消
 数日間、固形のものを食べないことによって、内蔵疲労を回復させることができます。腸を休ませることにより、消化機能が改善されるため、便通がよくなるのです。腸内に溜まっていた宿便が排泄され、スッキリきれいに浄化されます。
・精神安定
 睡眠の質が良くなり、脳も研ぎ澄まされていくことから、精神面にも安定感が増す効果が期待できるでしょう。
・美肌
身体に溜まっていた老廃物が分解・代謝されていくことによって、ニキビなどの肌荒れが改善され、透きとおるような美肌を手に入れる効果が期待されます。
・潰瘍性大腸炎が改善
断食により、疲労していた大腸を休ませ免疫力を高めることができるため、潰瘍性大腸炎の症状の改善が期待できます。

#

■長期断食の方法~回復食まで~

#
リフレッシュの森での具体的な方法をご紹介します。
粗食
・コース開始前:1週間前から動物性の食事は控え、食事量は腹8分目を目安にします。
断食開始の前日は、食事の量を半分にとどめ、身体を慣らしていきましょう。
・コース中:酵素ジュースを摂取します。酵素には、体内で必要なエネルギーが含まれているため、水断食のように過度な栄養不足の心配もなく、楽に断食することができるのです。
→酵素断食コースの詳細はこちら

・コース終了後:帰宅してからは、以下のことを心掛けるようお伝えしています。

  1. よく噛み、少食を心掛ける。(急に食べる量を増やさない)
  2. 玄米を主食にする。
  3. 合成着色料、防腐剤、人工的に味付けされた食品は避ける。
  4. 動物性食品(肉・魚・卵・牛乳)や酸性食品(砂糖・甘い菓子)は血液を汚すので、控える。
  5. 便通を良くする。(最低でも1日に1回) ※道場で行う体操を日常生活に取り入れるなど
  6. 就寝前は食事をしない。睡眠中は空腹状態であること。
  7. 体調不良のときは食事をせずに断食を行う。 ※酵素断食がオススメ
  8. 自分にあったライフスタイルの構築をする。※習慣・惰性に基づいた今までと同じ食べ方をしない。

断食は、今までの身についた食癖をリセットする作業です。
リセット作業を通じて、『からだ』本来の正常な味覚が甦ってきています。
その味覚を麻痺させることなく、『からだ』本来の真実の欲求に従った食生活を心掛けてください。
※半断食(more・・・)
→断食で空腹に耐えられるか不安な人は「半断食コース」へ

→リフレッシュの森での1日の過ごし方
#

■長期断食の注意点

#
酒タバコNG
・激しい運動はNG:断食中は身体のエネルギーが不足しがちなため、体重を減らそうとして激しい運動をしてしまうと、かえって体調を崩す原因になります。サウナなど、激しく汗をかくような場所にも行かないようにしましょう。
・飲酒NG:空腹状態になる断食期間中にお酒を飲むと、アルコールを分解するために肝臓でたくさんの酵素が使用されてしまいます。断食中に酵素ジュースで酵素をしっかり摂ることにより、老廃物の排出が促され、ダイエット効果へとつながるものが、アルコール分解に使われることで効果が落ちてしまうのです。
また、内臓にも大きな負担がかかってしまうため、断食中のアルコール摂取は避けましょう。
・タバコNG:タバコに含まれるニコチンは、血管を細める作用があります。血流が悪くなるため、断食中の喫煙は不整脈を誘導するリスクも。また断食により身体の循環機能が高まっているため、普段よりもタバコによるダメージを受けやすくなります。断食中の喫煙は控えましょう。しかし、リフレッシュの森では、タバコを完全に禁止している訳ではないので(屋外のみ可)、タバコを断てる自信がないという方でも、取り組みやすい環境となっています。
#

■まとめ

#
長期断食は自己流で行うと、かえって体調を崩したり、リバウンドしやすい体質になってしまったりすることもあります。一人で行うことは危険を伴うため、専門の施設で行うことがオススメです。
施設では専門のスタッフからサポートを受け、ご自分の体質や体調に合わせたプランを組むことも可能なため、安心して断食に取り組むことができます。効果的な断食、回復食を摂ることで、必要以上に空腹感やストレスを感じることなく、体調をスッキリと改善することができるでしょう。
入会費12000円、1泊10000円
→お申し込みはこちら
→お問い合わせはこちら
電話番号 0274-52-6888

断食方法 [2016.02.10]
WEBから簡単お申し込み ご予約・お申し込み インターネット・お電話でお申し込みください
え!一泊10,000円!? ご利用料金一覧はこちら 気になる料金をご確認いただけます。